ビジョナリー経営コンサルティングで社長のビジョンを実現する

ビジョナリーコンサルティングのご案内

  • HOME »
  • ビジョナリーコンサルティングのご案内

ビジョナリーコンサルティング全体像

会社を経営する社長の悩み事トップ5として以下の5つの項目が挙げられます。

  1. 日常的なお金の悩み
  2. 社員とのコミュニケーション
  3. ビジョンがない
  4. 自社のウリが分からない
  5. ネット・SNSを活用しきれない

ビジョナリー経営コンサルタントがビジョナリー経営のノウハウをベースに、ステップを踏んであなたの悩みを1つ1つ着実に解決していくお手伝いをしていきます。

ビジョナリーコンサルティングイメージ


【現状】スタートライン

日常的なお金の悩み
 社員とのコミュニケーション
 ビジョンが見えない
 自社のウリが分からない
 ネット・SNSが活用しきれない

【第一段階】経営概念の共有

 全体の流れと社長の仕事の整理
 物の考え方を情報知識レベルから考え方レベルに落とし込む

【第二段階】経営の準備

 ビジョン、ミッション、カンパニースピリッツ、クレドの作成
 言葉の定義づけ

【第三段階】経営の実践

 目標達成のため年間アクションプランの策定
 選ばれる理由づくりと理想の顧客絞り込み
 ホームページ、ソーシャルメディア戦略
 プレスリリースを活用したマスコミ対策
 顧客獲得セミナーの構築
 ジョイントベンチャー戦略

【第四段階】会社経営の応用

 過去1年間のお金の流れを把握
 キャッシュフロー計画表の作成
 お金の見える化をする

【第五段階】事業と人のメンテナンス

 社員とビジョン&価値観の共有
最強の組織づくり
 毎日ワクワク、喜びの分かち合い


達成できること


建設業ビジョナリー経営コンサルティング 価値を再構築し利益倍増
社員と夢を語り合い毎日ワクワク
経営者の理想の形にできる
プラスのスパイラル
仕事をするのが楽しくなる
ビジョンの実現


STEP1:経営概念の共有化

経営者が抱える悩みを解決していくために、ビジョナリー経営コンサルタントが行うコンサルティング業務として、まず初めに経営概念の共有化を図ります。

ビジョナリー経営コンサルタントが、あなたの悩みを一緒に解決していきます。

会社や経営全体が見えない中で感覚的に経営していて、社長が何をやるべきか、何をしなくても良いのかということが漠然としていてわからない

先代から会社を引き継ぐ際に、経営のいろはを教わったわけではなく、なんとなく引き継いで感覚的に経営している

相談したくともなかなかそういった腹を割った話をできる人間がいない

ビジョナリー経営コンサルタントであるわたくしが、あなたの会社の社外パートナーとして会社の全体を見える化し、今やるべきこと・後でやるべきこと、やらなくても良いことをあなたと一緒に整理していきます。

STEP2:経営の準備

経営概念の共有を図り、次に行うのは経営の準備です。
会社の経営においては、

何の為にその事業をして、その結果お客様がどう幸せになるか

の定義付けをしなくてはなりません。

多くの会社経営者の方は口を揃えて「仕事をするのは生活のため」と言います。
何となく仕事を取り、仕事をし、売り上げを伸ばす。
これは一連の流れの結果であり、なぜ貴社はその仕事をしているのかを言葉として定義付けることが重要になってきます。

それを行うために、貴社のビジョン、ミッション、カンパニースピリッツ、セルフイメージを策定します。
これが確立すれば会社として明確に意思表示ができ、行動に一貫性がでるためブレがなくなります。

あなたの会社は今、明確なビジョンを示すことができているでしょうか?

STEP3:経営の実践

言葉の定義付けが終わると、次はいよいよ経営の実践です。

まずは貴社が選ばれる理由と、貴社が理想とする顧客増を徹底的に絞ります。
それを明確にした上で、ホームページ、プレスリリースを活用したマスコミ対策、ソーシャルメディア、顧客獲得セミナーなどを活用したビジネスモデルを構築、ジョイントベンチャー戦略を実践し、売り上げを伸ばしていきます。

STEP4:会社経営の応用

会社の価値が見える化し、経営が回り出してきたと同時に次は会社経営の応用です。

会社の数字を把握し、さらに会社の成長を加速させます。
数字というと聞いただけで混乱する方も多いですが、STRAC表を応用したブロックバズルという手法を用いて会社全体のお金の流れを把握します。

次に、会社の経営状況をキャッシュフロー計画表に落とし込んでいきます。
これでお金の流れも見える化します。このお金の見える化が非常に重要です。
お金が見える化して会社の数字を把握することによって、いざという時の決断がスムーズになります。

STEP5:事業と人のメンテナンス

最後は事業と人のメンテナンスです。

ここまでの作業を実践してくると、必ずと言っていいほど社長と社員の間に埋められない溝ができたりします。

これは立場の違いからくるコミュニケーションギャップですのでなかなか当人同士では解決できません。
これを両方の間に私が入り、問題を解決していきます。

そしてこれまで行ってきた全体の流れから出てくるズレやほころびを修繕し、経営をさらに強固にし、強い会社づくりをサポートしていきます。

社長の右腕として

会社の価値の構築と見える化を社長1人でやるのではなく、また、社内だけでおさめるのではなく、外部視点を持った社外のナンバー2を確保することは、結果的にあなたの会社にとって大きなメリットをもたらすことになるでしょう。
ビジョナリー経営コンサルタントと一緒にやっていきませんか?

もちろんここに書いてある内容は、おおまかな概要であり、会社によりやることは様々で、手掛ける順番も臨機応変に変えていきます。
社長の夢を実現し、会社に新しい流れを作り、刷新していくお手伝いをさせていただきます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.