ビジョナリー経営コンサルティングで社長のビジョンを実現する

経営者様、いま一度ご確認ください

あなたの会社にはビジョンがありますか?

あなたの会社には選ばれる理由がありますか?

あなたの会社の価値、お客様に伝わっていますか?

ビジョンとは、「目指したい理想の状態」のことを指します。

ビジョンに導かれる経営をして会社の価値を見える化する。 それだけで利益が飛躍的に上がります。

経営者が抱える5つの悩みを解決するために

多くの会社の社長の悩みとして、以下の5つが挙げられます。

  1. 日常的なお金の悩み
  2. 社員とのコミュニケーション
  3. ビジョンがない
  4. 自社のウリが分からない
  5. ネット・SNSを活用しきれない

以上の問題を解決するには、 社長がビジョンを掲げて社員と一体化し、 そのビジョンに導かれるように思考を明確化し、 掲げる言葉を定義付けして価値を見える化しなければなりません。

では、価値とは何でしょうか?
世の中の全ての物には名前がついていて、そこには人が求める価値があります。
例えば、鉛筆やペンであれば、文字を書けるという価値があるから人は購入します。
食べ物にしても、おいしい、栄養があるなど、求められる価値があります。

ビジネスに置き換えても、会社である以上はお客様に何らかの価値を提供する商品やサービスがあるわけですが、実は多くの会社が

 自社の価値
 商品やサービスの価値
 社員という人財の価値

自分で気づいていなどころか、お客様にその価値が伝わっていないのです。

そこで改めてお聞きします。

 貴社の存在価値は何ですか?
 貴社の商品・サービスの価値は何ですか?
 貴社の社員の価値は何ですか?
 1人1人の価値に気づいてうまく使いこなせていますか?

これらを全て明確に答えられたとしたら、お客様に選ばれる理由があり業績も好調でしょう。

しかし、上記の質問に明確に答えられない場合はお客様に選ばれる理由が定まっていない状態です。

常にいろいろな問題に左右され、方向性の軸がぶれまくり、試行錯誤しなくてはならない状態に陥ってしまうのです。

このように、どんなビジネスでも言葉の定義を明確にし、「価値」を言葉で表して明確にすることはきわめて大事なことなのです。

なぜ価値を見える化しないと駄目なのか?

答えは簡単です。

「お客様に選ばれる理由がない」からです。

選ばれる理由がないこと=お客様からしてみれば、あなたからサービスや物を買う理由がないことになります。

どこにでもあるような同じようなサービス、同じような価格、同じような雰囲気では、お客様に選ばれず、価格競争に巻き込まれ、値段を下げることでしか勝負できず、自分で自分の首をしめてしまうことになりかねません。

成功する人と成功しない人の差とは?

成功する人

言ったことを素直に受け止める方
愚直な実践をし、出来るまで諦めない方
言い訳をせず、実行できる方
報告、連絡、相談がきちんとできる方
プラス発想で勉強好きな方
自分で考えることができる方
自分の行動に責任が持てる方
決めることができる方

以上に該当すれば価値を見える化できる人です。

まず間違いなく結果を出すことができるので、わたくしと一緒にビジョンの実現に取り組みましょう。

成功しない人

批判的でいつも疑ってかかる方
言葉の揚げ足をとり、愚痴が多い方
忙しいと言い訳をし、実行しない方
報告、連絡、相談ができない方
ネガティブでマイナス思考の方
依存する方
すぐ人のせいにする方
決めることができない方

以上に該当する人は価値を見える化できません。

残念ながら、
一緒にビジョンの実現に向かうことは難しくなります。


しかし、現実世界では「成功する人」で掲げられているような完璧な人はまずいないでしょう。

今はなかなか伴っていないけどいつか成功する人になりたいと思う人であれば、ビジョンを達成できる素質があります。

ビジョナリー経営とは何か?

ビジョナリー経営とは、

社長が掲げるビジョン(夢)=社長の「ワクワクした事業の将来を見通した展望」

に焦点を当てて、社員と共ににその夢を共有しながら経営していくことを言います。

ビジョナリー経営コンサルタントが、あなたの会社に今までなかった価値観と考え方をお伝えし、会社に新たな風を起こし、革新的な流れを作り出す良きパートナーとしてサポートいたします。

今まで、会社を発展させることに答えを出せなかった経営者も多いですが、ビジョナリー経営こそがその答えだと私は思っています。 ビジョナリー経営コンサルタントとともに、貴社の新たな歴史を作って行きませんか? 今年をあなたの革命元年にしていきましょう!

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.